コラム|浦和・北浦和の歯医者・歯科なら髙野デンタルオフィス・矯正歯科

診療時間
9:00~12:00
13:30~18:00

★:土曜午後は13:00~17:00

※:第2日曜は「矯正のみ」診療いたします

休診日:木曜・祝日・日曜(第2以外)

矯正診療日・ご相談について

〒338-0824
埼玉県さいたま市桜区上大久保205-5

tel. 048-855-3939
  • 地図
  • メニュー

むし歯・歯周病で失った歯は「自家歯牙移植」で治療できます

皆さんこんにちは。

髙野デンタルオフィスです。

 

むし歯や歯周病、外傷によって失った歯は、入れ歯などで補う以外、方法はないと思っていませんか?

実は、一部のケースでは「自家歯牙移植(じかしがいしょく)」という方法で治療することが可能で、入れ歯やブリッジ、インプラントなどを装荷しなくても済むかもしれません。

今回はそんな当院でも行っている自家歯牙移植についてわかりやすく解説します。

 
 

そもそも自家歯牙移植ってなに?

自家歯牙移植とは、自分の歯を移植歯として活用して、歯を失った部分に移植する治療法です。

どの歯科医院でも行っているような治療ではないため、初めて耳にしたという方もいらっしゃることでしょう。

外科処置が得意な高野デンタルオフィスなら、患者さまご自身の親知らずを使った自家歯牙移植が可能です。

 
 

親知らずは必ず抜かなければならないものではありません

親知らずというと、いつかは必ず抜かなければならないと思われがちですが、正常に生えている親知らず、あるいは完全に埋まっていて、何ら問題を引き起こしていない親知らずは保存した方が良いといえます。

なぜなら、自家歯牙移植に活用できるからです。

 
 

自家歯牙移植を行うメリット

親知らずによる自家歯牙移植を行うと、以下に挙げるようなメリットが得られます。

 
◎失った歯を人工の装置で補う必要がなくなる

冒頭でも述べたように、自家歯牙移植を行えば、ブリッジや入れ歯、インプラント治療を受ける必要がなくなります。

これらは高い費用がかかりますし、何より天然歯とは異なります。

そのため、噛んだ時の感覚が変わるだけでなく、お口全体に与える悪影響も比較的大きくなってしまいます。

その点、ご自身の歯を移植する治療法であれば、治療費を抑えられることはもちろん、お口全体の健康維持・増進にも寄与します。
 
◎治療を繰り返さなくていい

失った歯を補う補綴装置(ほてつそうち)には、それぞれ寿命があります。

とりわけ入れ歯の寿命は短く、不具合が生じる度に調整や新製を繰り返さなければなりません。

一方、自家歯牙移植は予後が良好であれば、治療を繰り返す必要もなくなります。
 
 

まとめ

このように、南与野の高野デンタルオフィスでは、患者さまにとってメリットの大きい自家歯牙移植に対応しておりますので、関心のある方はぜひ当院までご相談ください。