コラム|浦和・北浦和の歯医者・歯科なら髙野デンタルオフィス・矯正歯科

診療時間
9:00~12:00
13:30~18:00

★:土曜午後は13:00~17:00

※:第2日曜は「矯正のみ」診療いたします

休診日:月曜・祝日・日曜(第2以外)

矯正診療日・ご相談について

〒338-0824
埼玉県さいたま市桜区上大久保205-5

tel. 048-855-3939
  • 地図
  • メニュー

セファログラムを使った精密な矯正歯科治療

皆さんこんにちは。

髙野デンタルオフィス・矯正歯科です。

 

皆さんは、矯正歯科治療で使用する「セファログラム」という装置をご存知でしょうか?

矯正歯科でも完備していないところがたくさんあるので、初めて耳にするといった方も多いかもしれませんね。

セファログラムは、「矯正治療の精度を高める」上で非常に有用な装置です。

今回はそんなセファログラムについてわかりやすく解説します。

 

セファログラムとは?

セファログラムとは、「矯正歯科治療専用のレントゲン」です。

一般歯科のレントゲンは、歯列の一部を撮影するデンタルや顎全体を撮影するパノラマの2つがメインとなりますよね。

むし歯や歯周病を治す上では、こういった撮影法で十分なのですが、矯正治療となると、もう少し詳しい情報が必要となります。

それは「頭部と顔面」のエックス線画像です。

 

顎骨の発育の進行具合まで確認できる

セファログラムでは、患者さまから一定の距離離れたところから、「正面像と側面像を撮影」します。

それによって、単純な歯並びだけではなく、歯の生え方や顎の角度、骨の大きさ、顔貌などの細かく評価することができるのです。

お子さまに関しては、「顎の骨の発育の進行具合」まで確認することが可能です。

 

矯正の途中経過の確認にも使える

当院では、セファログラムによる撮影を治療開始後も実施します。

矯正が進んでいく中で適宜、セファログラムを撮影し、「途中経過を確認」します。

そのことによって、矯正治療の細かい軌道修正も可能となります。

さらに、矯正期間が完了したあとに、「治療成果を目で見て確認」することができるというメリットも得られるのです。

 

まとめ

このように、精密な矯正歯科治療を実施するとなると、通常のレントゲン撮影に加え、セファログラムが必要となります。

当院であればそんなセファログラムが完備されており、いつでも撮影できる環境が整っております。

その他、歯科用CTなどの精密機器も導入しておりますので、精度の高い歯科治療をご希望であれば、ぜひ当院までご相談ください。