コラム|浦和・北浦和の歯医者・歯科なら髙野デンタルオフィス・矯正歯科

診療時間 日・祝
9:00~12:00
13:30~18:00

★:土曜午後は13:00~17:00

休診日:木曜・日曜・祝日

矯正診療日・ご相談について

〒338-0824
埼玉県さいたま市桜区上大久保205-5

tel. 048-855-3939
  • 地図
  • メニュー

重度の歯周病で行われる歯周外科治療

皆さんこんにちは。

髙野デンタルオフィス・矯正歯科です。

当院では、一般的な歯周病治療に加えて、重度の歯周病に対する「歯周外科治療」も行っております。

外科治療」と聞くと、少し身構えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで今回は、歯周外科治療の内容やメリット・デメリットをわかりやすく解説します。

 

フラップ手術

最もポピュラーなの歯周外科治療といえば「フラップ手術」です。

歯ぐきをメスで少しだけ切り開いて、歯根面を露出させます。

重症化した歯周病では「歯周ポケットが深くなっている」ため、通常のスケーリングではきれいに歯石を取り除くことが不可能になり、このような処置が必要となります。

 

歯肉切除術

歯肉切除術とは、歯周病によって「肥大した歯ぐきをメスで切り取る」処置です。

そのままでは深い歯周ポケットが残存してしまうので、外科的に切除します。

その結果、清掃性が高まって、歯周病の症状も徐々に良くなっていきます。

 

歯周組織再生療法

歯周病によって「破壊された顎の骨を再生」させるための治療法です。

専用の薬剤や移植骨などを使って、骨の再生を促します。

歯周病によって歯槽骨が大きく吸収した症例に適応されます。

 

歯周外科治療は安全?

ここまで歯周外科治療についていくつか解説してきましたが、その内容を知ることで、さらに不安が募ってしまった人もいらっしゃるかもしれません。

確かに、「メスで歯ぐきを切り開く」となると、それなりに痛みも伴いそうなものですが、その点はご安心ください。

歯周外科治療を行い際には、必ず麻酔を施します。

また、当院のように歯周外科治療の実績が豊富であれば、「安全かつ確実に処置を完了」させることができます。

それでも不安な方は、一度お気軽に当院までご相談ください。

 

まとめ

このように、歯周外科治療というのは少し特殊な歯科治療となりますが、重症化したケースにおいて大きな治療効果を発揮します。

歯周病が悪化してしまい、抜歯する他ない、と他院で診断された場合でも、当院であれば歯を残せるかもしれませんので、いつでもご連絡ください。